インプラント治療の特長とは

インプラントとはどんなものなのか

こういう感じでインプラント治療は行われている

手術の前段階

いざ手術が決まったら、こういった流れで始まっていきます。

まずは、患者さんへのカウンセリングを行っていきます。
どういう治療がいいのかやどれくらいかかるのかやどんな仕上がりになっていくのかなどを事細かく話し合っていくようになります。

それが終わったら検査を行います。
神経やかみ合わせがどうなっているのか、歯周病などの病気にはかかっていないのかというのを確認していく必要があります。

それが終わってようやく詳しい手術計画が立てられるようになります。
いつごろ入院をしてそこから最後の検査や準備をして、何日目に手術をしてだいたいいつごろに退院をするようになるのかという、普通の手術や入院と変わらないことをしていきます。

手術中と手術後

さぁいよいよ手術となっていきます。

実は驚くでしょうが、インプラントの手術は一次手術と二次手術と分けられます。

まず一次手術ですが、麻酔をかけてから歯茎を切開してその骨にインプラントを埋め込んでいきます。
手術が終わりましたら、傷がふさがるのを待ちます。
だいたい3~6ヶ月ぐらいとみていいでしょう。
もちろんその間に経過観察が必要になっていきます。

それが終わると二次手術です。
今度はインプラントと人口の歯を接続していくアパットメントとされるものをつけていきます。
約1ヶ月後に傷が癒えてから型取りして、人口の歯を作ってつけたらようやく終わりです。
これらのトータルでだいたい一年近くかかっていきます。
気の長い話かと思われますが、一年戦って一生ものの歯が手に入るのであればいいと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る