インプラント治療の特長とは

インプラントとはどんなものなのか

インプラントの特長を知って治療をしていこう

インプラントの定義

そもそもインプラントとはどういうものなのでしょうか。

大きな意味としては、人体に埋め込む人工物のことをそう呼んでいます。
では、それが歯の場合はどうなるのでしょうか。
簡単にご説明させていただきますと、歯を失った場所に人口の歯根を埋め込んで、そのなくなった歯を補う治療方法のことです。

ところで、なくなった歯を補うという治療方法と言えば他にはブリッジだったり入れ歯だったりもあります。

しかし、ここ最近はインプラントの方が増加傾向になっていますので、これからはインプラント治療が主流になっていくかもしれませんね。
現になくなった歯を補う治療方法としては、今ではまずインプラント治療を勧めている歯医者さんも出てきていますので、これからますます増えていく可能性が高くなりますね。

どういう仕組みなのか

では、インプラントとはどういう仕組みになっているのでしょうか。

実はあまり知られていない話ですが、歯は見える部分と支えている歯根というもので成り立っています。
そのため歯がなくなってしまうイコール歯根までもなくなってしまうのです。

まれに歯が折れたなどでまだ歯根が残っていることがありますが、それは差し歯で対応が可能になります。
ですが、これがインプラントとなると抜歯をしてしまったときや完全に歯根がなくなってしまったときに行われます。

ここまで記してもうお察しかもしれませんが、つまりインプラントで埋め込む部分のものが歯根の代わりをしてくれるわけであり、そのため自分の歯とほとんど変わりがないという歯が生まれるということだと思っていいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る